総合診療科とは

総合診療科とは

総合的な観点から捉えて診療する『横方向の専門家』です。

現在日本では超高齢社会を迎え、幅広く多様な健康問題に対応できる「総合診療専門医」を育成するための整備が進められています。消化器内科や循環器内科などの臓器領域別の専門医が各臓器の問題に対して技術や経験を深めていく『縦方向の専門家』だとすれば、 私たち総合診療医は臓器別ではなく、人間の体、そして心も含めて総合的な観点から捉えて診療する『横方向の専門家』とも言えます。
私たちは目の前の患者さんに対して、どんな場合でも常に真正面から真摯に対応し、ベストの方向を探る「あなたの専門家」であることを大切にしています。

大阪医科大学附属病院総合診療科の目指すところ

大学病院の総合診療科として、幅広く多様な健康問題に迅速かつ的確に対応し、心理社会背景をも十分に考慮した上で、患者さんとご家族にとって最適な医療を提供いたします。

大学病院の総合診療科として、地域の医療機関ならびに当院の診療各科からの紹介患者さんを積極的に受け入れ、ニーズに応じて「答えを出す」診療科として、地域医療と病院診療に貢献いたします。

大学病院の総合診療科として、卒前・卒後の医学教育において診療現場での教育を重視し、学生や研修医に対して、全ての診療の基本となるジェネラルな知識や考え方を修得していただけるよう尽力し、日本の医療を支える未来の良き医療人を育成いたします。

医療関係者の皆様方へ

お困りの症例などございましたら、
是非積極的にご紹介いただければ幸いです。

当科では発熱や頭痛など頻度の高い徴候、全身倦怠感や多関節痛など症状が全身に渡り適切な受診専門科が選択しにくい場合、不明熱や原因不明の高CRP血症など他の医療機関で精査していただいた上でも診断がつかない症例など、多様で幅広い状況に対応しております。
外来部門のみならず入院床を持ち、院内の各専門科と柔軟な診療協力体制を保ちながら、多臓器にまたがる複雑な状況にも迅速かつ適切に対処しております。
大学病院の総合診療科として、地域の医療機関の皆様方との関係性を極めて重要なものと考え、皆様方がお困りの問題に対して「迅速に答えを出して適切な方向性を示す」診療科として尽力させていただく所存です。
ご紹介いただいた患者さんには最善の対応をさせていただいた上で、紹介元の先生方には詳細な報告書を送らせていただいております。お困りの症例などございましたら、是非積極的にご紹介いただければ幸いです。

受診をお考えの皆様方へ

当科では地域の方々のニーズにお応えし、
幅広く多様な健康問題に対応しております。

どのような症状の時に当科に受診すればよいのか、当科の診療内容をお話しいたします。

当科の診療内容

① 発熱・頭痛などの日常でよくある症状をもった方々に対する診療

これらの問題は、近くの診療所などのかかりつけの先生が対応してくださることも多いのですが、かかりつけの先生がおられないなどの場合に、当科を受診いただければ、迅速で的確な診療をさせていただきます。

② 体がだるいとか全身が痛いなど、症状が漠然としていたり
  体全体に関わっていたりして、どこの科を受診したらよいのか
  わからない方々に対する診療

問題点を明らかにした上で、場合によっては院内の適切な専門各科に紹介の上、最適な対応をさせていただきます。

③ 他の診療所や病院を受診したけれども、診断がつかずに
  対応に苦慮されている方々に対する診療

紹介状をご持参の上、当科を受診していただければ、情報をいただいた上で適切な診察を行い、難しい問題に対して「答えを出して方向性を示す」診療科として対応させていただきます。

※紹介状をお持ちにならなかった場合について

紹介状をお持ちにならなかった場合は、改めてお持ちいただくようお願いすることがあります。ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

 

以上のどのような場合でも、かかりつけの先生がおられる時は、紹介状を書いていただき、当院の病診連携システムを通じて初診の予約をとっていただくと、迅速で的確な対応が行いやすくなりますので、ぜひご利用ください。

●特定の医師の診察を希望される場合
予約なしでお越しいただいた場合は、医師の指名はいたしかねます。
かかりつけ医に受診し、診察を希望される医師名をお伝えし、ご予約をお取りください。
予約は紹介元医療機関よりお取りすることができます。
詳しくはこちらをご参照ください。
セカンドオピニオンについてはこちらをご参照ください。